Azure Stack検証環境構築代行サービス

Azure Stack検証環境構築代行サービス

Microsoft社が提供するAzure Stack Technical Previewを検証するためには、高性能なサーバが必要のため、新たに検証環境を準備するだけでも機材の調達や調整などで手間ががかかり、苦労することも多いのではないでしょうか?

「Azure Stack検証環境構築代行サービス」は、Azure Stack Technical Previewが動作するサーバ、検証環境へ接続するための回線を当社が用意し、お客様に代わりにPoC(Proof Of Concept)環境の構築を行います。お客様は、リモートデスクトップクライアントを利用し、検証環境へ接続し、Azure Stackの各機能をお試しいただくことが可能です。 「AzureとAzure Stackの違いが知りたい」「AzureのAPIをそのまま使えるかどうか検証したい」などのニーズに応えるサービスとなっています。

Azure Stackとは

Microsoft社が提供するMicrosoft AzureのIaaS機能、PaaS機能、ネットワークやストレージのコントローラなどのサービス群をお客様がご利用中のデータセンター内で利用可能にする製品です。

Azureと一貫性を持つプラットフォームをプライベートクラウドとしてご利用いただくことが可能です。

Azure とオンプレの一貫性

  • APIの共通化
  • ロールベースのアクセス制御
  • リソースグループの管理
  • 宣言型サービステンプレート
  • リソースのタグ付け
  • リージョン間のサービス統合
  • 監視と監査

リソースグループ

  • IaaS, PaaS をまとめて管理
  • リージョンをまたぐリソースも格納

主なメリット

  • 実証済みのAzureの機能をプライベート環境で利用可能
  • Azureと同じ様なセルフサービスポータルなので、利用ユーザの学習コストを低減できます。
  • PaaSの機能をローカル環境で利用可能なので、アプリケーション開発のセキュリティを意識した開発環境、利用環境を実現

詳しくは下記のサイトをご確認ください。
Microsoft Azure Stack

こんな人にオススメ

  • グループ企業を含めてITインフラ調達の効率化とガバナンスを利かせることができる共通のプラットフォームを構築したい企業様、またはその協力会社様
  • マルチテナントで利用でき、利用ユーザ、グループごとに独自のプランで提供できるようにしたい企業様、またはその協力会社様
  • 完全専用のプライベートクラウドにより、「物理セキュリティ」とコンプライアンスを確保したい企業様、またはその協力会社様

お申込みから検証終了までの流れ

※検証期間終了後、継続検証等のご確認をさせていただきます。

サービス仕様

OS、主なアプリケーション

Windows Server 2016 Technical Preview
Azure Stack Technical Preview

弊社で指定したバージョンを利用して検証環境の構築代行をします。
検証環境は、Azure Stack Technical Previewを初期インストール状態でご提供いたします。
初期インストール状態で提供されないWebsite等の機能を検証したい場合は、お客様にて検証環境へ追加してご利用ください。

ご提供 物理環境

CPU 16コア
メモリー 128GB
SSD 785GB
接続回線 100Mbps共有回線

※ロードバランサ機能、DNS機能等のご提供は行っておりません。

管理用ユーザ

現時点のAzure Stack Technical Preview環境では、Azure Active Directoryと連携してユーザ管理を行います。
お客様がご契約しているMicrosoft Azure環境のAzure Active Directoryで管理者用のユーザを作成していただき、その情報で環境構築、管理者用ユーザとさせていただきます。

Azure Stack Technical Preview環境への接続

当社で用意したリモートデスクトップゲートウェイを経由して環境へ接続していただきます。
セキュアな状態で接続するためにHTTPSでカプセル化しますので、TCPの443ポートを使用します。
リモートデスクトップクライアント6.0以降をご用意してご利用ください。

検証期間

約1ヶ月間
ご利用開始日、終了日は弊社からご提示させていただきます。

価格

物理環境1台 98,000円(税抜)