Nシリーズ 基本監視

サーバーおよびロードバランサーの稼働状況・負荷状況の監視を自動で行い、異常が発生した場合には、メールにて通知します。

基本監視

特長

基本監視のご利用により、トラブルをすぐさま把握できるようになり、速やかなシステム復旧を助けます。

仕様

サーバー

監視ルール 監視項目 PING結果/サーバーステータス(停止)/CPU使用率/メモリ使用率/ディスク使用率(※)
  • 作成したサーバーのディスクが対象となります(増設ディスクは含まれません)
アラート閾値 使用率(0~100%)、継続時間(10~30分)
アラート通知先 アラートを通知するメールアドレスの設定(5件まで)
監視ルールの設定可能数
10件まで
アラート履歴 監視状況の履歴をコントロールパネルに表示

ロードバランサー

監視ルール 監視項目 ロードバランサー(総量)/ロードバランサー(ポート)のいずれか
アラート閾値 使用率(0~100%)、継続時間(10~30分)
アラート通知先 アラートを通知するメールアドレスの設定(5件まで)
アラート履歴 監視状況の履歴をコントロールパネルに表示

ディスクパーティション

監視ルール 監視項目 ディスクのパーティション使用率
アラート閾値 使用率(0~100%)
アラート通知先 アラートを通知するメールアドレスの設定(5件まで)
アラート履歴 監視状況の履歴をコントロールパネルに表示

注意事項

  • ローカルディスク、増設ディスクも含むサーバーの使用領域が対象となります。
  • ディスクパーティションの使用率は、OS上でdfで表示される使用量と若干の誤差があります。
    ファイルシステムがext3の場合は、5%程度です。
    この誤差はファイルシステムや個別に設定している値により異なります。
  • 100MBよりも少ない更新量の場合、使用量として計算されないことがあります。
  • パーティションの監視設定が可能なのは、起動中のサーバーのみになります。
  • Linux系OSをご使用の場合、監視対象領域をアンマウントしても使用率の情報が更新されませんので、ご注意ください。

料金

基本監視は無料でご利用いただけます。

ご利用方法

コントロールパネルからご利用いただけます。

注意事項

  • アラートメールの送信は、設定した監視ルールによるアラート検知から事象が最低10分以上継続した場合に送信されます。
  • アラートメールは、監視ルールの条件によりアラートを検知した場合と検知したアラートから復旧した場合に送信されます。
  • 以下のファイルシステム以外でマウントしている場合は使用量を取得できないため、監視設定できません。
    Ext2, Ext3, Ext4, ReiserFS, ZFS, NTFS, VFAT, UFS, PCFS, HFS, MS-DOS
    以下のスタンダードイメージから作成されるサーバーは、ファイルシステムが XFS であるため、open-vm-tools を 9.10.x.以降のバージョンにバージョンアップすることで利用可能になります。
    • CentOS 7.0 プレーンインストール(64bit)
    • CentOS 7.1 プレーンインストール(64bit)
    • Red Hat Enterprise Linux 7.0(64bit)
    • Red Hat Enterprise Linux 7.1(64bit)
  • 本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • 本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • 本ページの内容は、2016年4月13日時点の情報です。


Nシリーズ 機能・サービス一覧

仕様

サーバータイプ・仕様

基本サービス

サーバー・ディスク機能

ネットワーク機能

ストレージ機能

セキュリティ機能

その他の機能

エンジニアリングパーツ

関連項目

料金