Nシリーズ Red Hat Cloud Access

Red Hat Cloud Accessにより“Bring Your Own Subscription”が可能となり、お客様保有のOSイメージをお持ち込みいただきNシリーズ上でご利用いただけます。サポートはRed Hat社から提供されます。
「Red Hat Cloud Access」について詳しくは、「ご利用方法」をご覧ください。

仕様

VMインポートを利用し、お客様が保有する「Red Hat Enterprise Linux サブスクリプション」のOSイメージを、Nシリーズにお持ち込みいただくことが可能です。
VMインポートについて詳しくは、以下のページをご覧ください。
持ち込み可能なOSのバージョンは、以下のページの「インポート可能OS」をご確認ください。

サポートについては、持ち込みイメージに付随するサブスクリプション契約に従って、Red Hat社のサポート窓口にお問い合わせください。
「Red Hat Cloud Access」について詳しくは下記のRedHat社ページをご覧ください。
(外部サイトにつき、リンク切れの場合はご容赦ください。)

料金

VMインポート機能の料金に準じます。

ご利用方法

Red Hat社サイトにて「Red Hat Cloud Access」を登録後、VMインポートにてNシリーズへOSイメージをお持ち込みください。持込先クラウド事業者として、「Nifty Cloud」をご選択ください。

Red Hat Cloud Access登録

Red Hat社ページにて詳細をご確認の上、「Enroll Now」より利用登録を行ってください。

  • 登録時にNシリーズID(@nifty ID)が必要となりますので、あらかじめご準備ください。

OSイメージの持ち込み(VMインポート)方法について

手順など、詳しくは以下のページをご覧ください。

注意事項

  • 毎月契約した「法人名」「住所」「サーバー数」がRed Hat社に送信されます。
  • 以下については、RedHat社のページをご確認ください。
    (外部サイトのため、リンク切れの際はご容赦ください。)
    RedHat社が提供するサポート期間について
    Red Hat Enterprise Linuxのライフサイクル
    エラータ通知について(メール、メーリングリスト、RSS フィード)
    通知およびアドバイザリ
  • 本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • 本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • 本ページの内容は、2015年6月1日時点の情報です。


Nシリーズ 機能・サービス一覧

仕様

サーバータイプ・仕様

基本サービス

サーバー・ディスク機能

ネットワーク機能

ストレージ機能

セキュリティ機能

その他の機能

エンジニアリングパーツ

関連項目

料金