Nシリーズ プライベートLAN

共用ネットワークからL2レベルで隔離されたプライベートネットワークセグメントを利用することができます。

プライベートLAN

特長

複数のプライベートLANを作成可能です。
共用ネットワークから隔離しているため、よりセキュリティが強固な環境を構築可能です。
コントロールパネルより、お客様ご自身で簡単に設定することができます。
ルーター機能を利用することで、同一NシリーズID(@nifty ID)の異なるプライベートLAN同士を相互接続することが可能です。

仕様

作成可能数 5個/ゾーン
IPアドレス帯で指定できるプレフィックス長 16~28

プライベートLANの作成上限を変更したい場合は、以下のお問い合わせフォームより、お問い合わせください。
※「Nシリーズ プライベートLANの作成上限数の変更希望」と記載してください。

プライベートLANに組み込むサーバーはお客様にて選択可能です。
プライベートLANに組み込んだサーバーは、プライベートIPアドレスを設定する必要があります。
1つのプライベートLANに1つのVPNゲートウェイを設定可能です。

プライベートIPアドレスの設定方法

以下の方法で設定してください。
ルーターのDHCP機能を使用する。(お客様による独自のDHCPサーバー構築は禁止事項となります。)

お客様ご自身でプライベートIPアドレスを設定する場合は、プライベートLAN組み込み後に実施してください。

設定例

DEVICE=eth1
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.xxx.xxx
NETMASK=255.255.255.0

料金

  月額(税抜) 従量(税抜)
プライベートLAN 5,000円/月 9円/時

ご利用方法

コントロールパネルからご利用いただけます。

注意事項

  • プライベートLANは、ゾーンごとの設定になります。作成時にゾーンを選択してください。
  • プライベートLANは、同じゾーンでのみ通信可能です。
    リージョン/ゾーンをまたいでのプライベート通信を行うことはできません。
  • オートスケール機能でスケールアウトしたサーバーはプライベートLANに組み込むことができません。
  • 指定されたIPアドレス帯のうち最初の/29に含まれるIPアドレスは、ルーターやVPNゲートウェイをご利用になる場合にシステム側で使用される可能性があります
  • 対象プライベートLANに、サーバー・ルーター・VPNゲートウェイが接続されている場合、IPアドレス帯の拡大(例:172.16.0.0/16 → 172.16.0.0/12)のみ行う事が可能です。
    IPアドレス帯の変更(例:172.16.0.0/24 → 192.168.0.0/24)や、IPアドレス帯の縮小(例:172.16.0.0/16 → 172.16.0.0/24 )はできません。

プライベートLANをご利用中にサーバーをコピーする場合の注意点

  • コピーしたサーバーには、コピー元のサーバーに適用されているプライベートIPアドレスの設定もコピーされるため、アドレスが同一となり、衝突が発生します。
    (プライベートIPアドレスが衝突していると、正常な通信が行えません。)
  • コピーを行った場合には、コピーされたサーバーにログインし、プライベートIPアドレスの設定を変更して、アドレスの衝突を解消してください。
プライベートLAN

グローバルIPアドレスを利用しない場合の注意事項

コンソールを利用して、対象サーバーのプライベートIPアドレスの設定を行う必要があります。
設定後、サーバーの再起動を実施してください。
なお、ルーターのDHCP機能を利用している場合は、自動でプライベートIPアドレスが割り振られますので、ご自身で設定する必要はありません。

グローバルIPなしでサーバーを作成可能ですが、この場合はプライベートLANに設定されているルーターで「DHCPをあり」にしていない限り、コントロールパネルのコンソール以外でログインできません。

  • 本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • 本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • 本ページの内容は、2015年6月1日時点の情報です。


Nシリーズ 機能・サービス一覧

仕様

サーバータイプ・仕様

基本サービス

サーバー・ディスク機能

ネットワーク機能

ストレージ機能

セキュリティ機能

その他の機能

エンジニアリングパーツ

関連項目

料金