Nシリーズ 増設ディスク

ご利用のサーバーにディスク領域を追加できます。
利用状況に応じて「100GB~1TB」まで100GB単位で増設が可能です。
サーバーへの割り当てはコントロールパネル・API(ニフティクラウド API)から自由に指定できます。

特長

増設ディスクは利用時間に応じた従量課金も選択可能です。
お客様環境の用途に応じて、様々なディスクを選択することができます。

また、起動中の仮想サーバーを停止せずに、増設ディスクを追加(ホットアタッチ)・はずす(ホットデタッチ)ことができるので、運用中のサービスへのディスク追加にも対応可能です。

標準ディスク Webサービス、情報システム系基盤、開発環境など、広く汎用的な用途でご利用いただけます。
高速ディスク I/O(読み書き)の速いディスクです。
オンラインゲームのデータベース、基幹系データベースなど、高いI/O性能が必要な用途に向いています。
フラッシュドライブ 大規模なNoSQLデータベースなど、瞬間的に、高速ディスクよりも高いI/O性能が必要な用途に向いています。

仕様/料金

  標準ディスク 高速ディスク ※1 フラッシュドライブ
容量 100GB~1TB(100GBごと)
料金 月額(税抜) ※2 2,000円/月 5,000円/月 24,000円/月
従量(税抜) ※3 3円/時 8円/時 40円/時
接続可能数 1サーバーあたり計14台まで
  • 北米リージョンでは、高速ディスクのみご利用いただけます。
  1. 「高速ディスク」は、「高速ディスクA」と「高速ディスクB」のいずれかをお選びいただけます。
    A系統とB系統は物理的に機器が異なる追加ディスクとなり、双方を併用いただくことで可用性を向上できます。(「高速ディスクA」「高速ディスクB」ともに性能・仕様は同じです)
  2. 100GBあたりの月額料金となります。
    200GBのディスクを3台作成した場合、200GB×3台 = 600GB分の料金がかかるため、高速ディスクの月額料金は、5,000円/月×6(600GB分)=30,000円となります。
  3. 100GBあたりの従量料金となります。
    200GBのディスクを3台作成した場合、200GB×3台 = 600GB分の料金がかかるため、高速ディスクの1時間あたりの料金は、8円/時×6(600GB分)=48円となります。

ご利用方法

コントロールパネルおよびAPI(ニフティクラウド API)からご利用いただけます。

注意事項

  • 初めてフラッシュドライブをご利用いただく場合、「フラッシュドライブの作成」「フラッシュドライブをサーバーにつける」操作は時間がかかります。
  • 一度追加されたディスクの容量は、後から変更できません。
  • 増設ディスクをサーバーに接続するときは、同じゾーンでのみ選択可能です。
  • 増設ディスクを作成するときは、ゾーンを選択して作成します。

起動中のサーバーにディスクを追加(ホットアタッチ)する場合

  • コントロールパネルでの操作後にOS上での操作が必要です。
    操作については以下のヘルプページをご覧ください。
  • 古いバージョンのOSでは、CPUやメモリーを大量に消費したり、ディスクへの書き込みを大量に行っている場合、サーバーが異常な状態に陥る可能性があるため、事前に処理を停止してください。
    スタンダードイメージから作成したサーバーにつきましては、高負荷時でも正しく動作することを確認しております。

起動中のサーバーからディスクをはずす(ホットデタッチ)する場合

  • 本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。
  • 本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • 本ページの内容は、2015年6月1日時点の情報です。


Nシリーズ 機能・サービス一覧

仕様

サーバータイプ・仕様

基本サービス

サーバー・ディスク機能

ネットワーク機能

ストレージ機能

セキュリティ機能

その他の機能

エンジニアリングパーツ

関連項目

料金