サービスの規模の拡大に合わせてインフラを見直したい

サービスの規模の拡大に合わせてインフラを見直したい

新たにIT・情報サービスを始める場合、サービスのインフラは導入のスピードが早く、コストも最小限で済むパブリッククラウドサービスで用意することが定石です。

しかし、サービスがヒットし、1秒間に何万もの処理が必要になった場合、パブリッククラウド基盤を拡張して運用しようとすると、コストが割高になる傾向があります。

もし、現在ご利用中のパブリッククラウド基盤の拡張をご検討されているのであれば、データセンターの物理環境への移行も合わせてご検討いただくことをおすすめします。

ビットアイルでは、データセンターの提供はもちろん、一部のシステムをパブリッククラウドに残した場合にデータセンター・パブリッククラウド間をプライベート接続することができるL3接続サービスもご提供可能です。

関連するセミナー資料

2014年3月14日(金)にビットアイル主催で開催したハイブリッドクラウド活用事例セミナーにて、ソネット・メディア・ネットワークス株式会社様が、クラウドとオンプレミスを活用した広告配信システム基盤に関して講演されました。