menu

プレスリリース

プレスリリース2015.02.05

ハイブリッドクラウド需要に対応した 東京都心で最新大規模データセンターを開設

ハイブリッドクラウド需要に対応した
最新大規模データセンターを開設

 株式会社ビットアイル(代表取締役社長:寺田航平 本社:東京都品川区 以下ビットアイル)は、東京都文京区に「ビットアイル 文京エリア 第5データセンター」(以下第5データセンター)を、2015年3月1日に開設します。本データセンターは、延床面積7,389平方メートル、1440ラック規模を有し、災害リスクの低い立地・免震構造などの高い耐災害性、外気冷房や最新空調方式による高い効率性、アクセスの良さや主要クラウドサービスへの接続などの高い利便性といった次世代データセンターの要件をすべて兼ね備えた、東京都心で最新大規模データセンターです。

「第5データセンター」写真 外観(左)、サーバルーム(右) 

20150205115132-7f940dfa83636aa19b69d73174cbe2cba00db772.png 20150205115208-fdbbe76f46a453585f74794c5871d062a52c3e60.pngのサムネイル画像

 近年、企業において、ITインフラの最適化や大規模災害への対応のため、データセンターへのシステム集約や移設、また、オンラインゲームやSNS、広告配信などインターネットビジネスの成長によるサーバ能力増強により、データセンター需要が高まっています。加えて、企業におけるクラウドサービスの活用が本格化し、パブリッククラウド、プライベートクラウドともに大きく成長しており、それがデータセンター需要拡大をさらに後押ししています。

 企業のクラウド活用においては、 自社の専用環境とクラウドサービスを組み合わせ、"適材適所"で機能が高度化・多様化しているクラウドサービスを活用・連携するハイブリッドクラウドが本格的に普及し始めています。

 ビットアイルでは、これまで東京都心に4棟のデータセンターを展開しており、これらのデータセンターをコアに、こうしたハイブリッドクラウドニーズに対応してまいりました。ビットアイルのデータセンター内にある顧客の専用環境と自社クラウドサービス「ビットアイルクラウド」(※1)、さらには他社のクラウドサービスとの直接接続を実現する「ビットアイルコネクト」(※2)などハイブリッドクラウドを実現するサービスを提供しています。今回開設する「第5データセンター」は、こうしたハイブリッドクラウド活用を更に強力に推進する戦略的なデータセンターです。

「第5データセンター」の特長

1.高集積・高負荷対応可能な電力供給能力

  • ・ 66,000Vの特別高圧受電を本線・予備線方式による完全二重化
  • ・ N+2(最終構成)の冗長構成の無停電電源(UPS:Uninterruptible Power Supply)
  • ・ 1ラックあたり標準使用可能電力容量6kVA(最大20kVA規模の対応も可能)

2.最大1,440ラック規模の優れた拡張性

  • ・ 東京都心でありながら、第5データセンターだけで最大1,440ラック規模、
      隣接する第4データセンターと合わせて4,000ラック規模の優れた拡張性
  • ・ 数百ラック規模のデータセンターOEM提供に対応可能

3.外気冷房を採用した最新の省エネ空調設備

  • ・ 最新技術を組み合わせたハイブリッド空調方式を採用
  • ・ 冷気とサーバ排熱の混合を防止するコールドアイルコンテインメント、
      機械室とサーバ室の2層一体型空調(ツインフロア空調システム)の採用
  • ・ 中間期や冬季における外気冷房の使用による環境負荷軽減、CO2削減
  • ・ 高効率な電源設備や最新の空調設備等の導入により、PUE(電力使用効率)1.4以下を目指した設計

4.免震構造など万全の災害対策

  • ・ 東日本大震災クラスの災害にも耐えられる、建物免震構造
  • ・ 東京湾から約5㎞と津波・高潮による被害の恐れは少ないエリア
  • ・ ゲリラ豪雨等の都市災害に対応した設備設計
  • ・ 停電時48時間稼働の備蓄燃料を持つ非常用発電設備

5.首都圏からのアクセス可能な利便性の高い立地

  • ・ 最寄りの飯田橋駅から徒歩10分
  • ・ 首都高からの好アクセス
  • ・ 駐車場完備

6.ハイブリッドクラウドへの対応

  • ・ 「ビットアイルコネクト」を使った、「ビットアイルクラウド」、
      外部パブリッククラウドとのハイブリッド接続
  • ・ ビットアイルのインターネット接続サービスに加え、
      他社インターネット回線・専用線(マルチキャリア)の引き込みも可能

「第5データセンター」建物概要

項目

内容

建物

地上4階、地下1階建  データセンター専用建物

構造

基礎免震、SRC構造

床荷重

1.5t/㎡  延床面積 7,389㎡

防災

超高感度煙検知器、不活性ガス消火設備

セキュリティ

監視カメラ、生体認証、複数のセキュリティゲート

回線

キャリアニュートラル

受電設備

66,000V(本線、予備線 2回線受電)

電気設備

N+1構成 ガスタービン自家発電装置(最低稼働時間48時間)、N+2構成 UPS

データセンター等の市場環境について

 IT専門調査会社IDC Japan株式会社の調査では、2014年の国内データセンターサービス市場は前年比8.2%増の9,682億円となる見込みで、システム集約のために自社サーバルームから事業者DCへシステム移設する事例や、既存DCから耐震性能の高いDCへのマイグレーション事例が増えていることにより、2013年~2018年の年間平均成長率は6.6%で順調に成長すると予測しています。

 一方、2014年国内パブリッククラウド市場は、前年比33.6%増の1,804億円と推定されており、2019年の市場規模は2014年比3.0倍の5,337億円と予測されています。また、2013年の国内プライベートクラウド市場規模は、前年比42.9%増の4,368億円で、2018年の市場規模は2013年比3.7倍の1兆6,026億円と予測されており、国内パブリッククラウド市場と国内プライベートクラウド市場はともに急拡大しています。

 IDC Japanは、パブリッククラウドやプライベートクラウドの特徴から「適材適所」によってクラウドを選択し、複数のクラウドを連携させるハイブリッドクラウドが主流になるとみています。

ビットアイル 文京エリア 第5データセンターについては、下記URLを参照ください。

http://www.bit-isle.jp/5dc/

(※1)「ビットアイルクラウド」については、下記URLを参照ください。

http://www.bit-isle.jp/service/cloud/

(※2)「ビットアイルコネクト」について

 「ビットアイルコネクト」は、ビットアイルの全てのデータセンター、クラウドサービス、更には外部のパブリッククラウドサービスまでをプライベートネットワークで接続し、ユーザ専用環境とパブリッククラウドといったハイブリッドクラウドだけでなく、複数のクラウド活用をシームレスに行うためのマルチクラウド接続を、素早く、手軽に、低コストで実現するソリューションです。詳しくは、下記URLを参照ください。

http://www.bit-isle.jp/service/network/private.html

以上

【株式会社ビットアイル】

会社名 株式会社ビットアイル(東証一部 証券コード:3811)(英文表記:Bit-isle Inc.)
所在地 東京都品川区東品川2-2-28
代表者 代表取締役社長 寺田 航平
URL http://www.bit-isle.jp/
事業内容 ■データセンターサービス ■クラウドサービス ■運用サービス ■システムインテグレーション

<本リリースに関するお問合せ先>
広報担当
TEL: 03-5805-8155
e-mail: pr@bit-isle.co.jp

<サービスに関するお問合せ先>
マーケティング本部 プロダクトマーケティング部
TEL: 03-5805-8154
e-mail: sales@bit-isle.co.jp

  • ※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
  • ※出典:IDC Japanプレスリリース「国内データセンターサービス市場予測を発表」(2014年10月1日)
  • ※出典:IDC Japanプレスリリース「国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表」(2015年1月28日)
  • ※出典:IDC Japanプレスリリース「国内プライベートクラウド市場予測を発表」(2014年9月30日)
  • ※本リリースは、PDFでもご覧いただけます。