menu

プレスリリース

プレスリリース2014.03.07

日本国内初 Windows Azure™上でデスクトップサービスを提供

日本国内初
Windows Azure™上でデスクトップサービスを提供
 弊社は、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)が2014年2月25日に発表したWindows Azure™の日本データセンター開設に合わせ、Windows Azure上で構築したリモートデスクトップサービス「ビットアイルデスクトップサービス on Azure」(※1)をエンタープライズ企業向けに、2014年3月20日に提供開始します。「ビットアイルデスクトップサービス on Azure」は、Windows Azure上で展開される日本国内初のデスクトップサービスです。
 「ビットアイルデスクトップサービス on Azure」は、Windows Azureを基盤として提供するデスクトップサービスです。企業毎にデスクトップ環境を用意するため、利用企業の事業規模やビジネスサイクルに合わせて拡張ができ、かつビットアイルが提供するクラウドサービスやWindows Azureなど他のサービスと連携可能な柔軟性の高いサービスです。Windows Azureの仮想ネットワークを使ったセキュアなVPN、スマートフォンやタブレット端末等のスマートデバイスを含めたマルチデバイスの対応も実現します。また、「ビットアイルデスクトップサービス on Azure」は、オンプレミス型の環境で必要になるハードウェア、ソフトウェア、インフラをユーザー側で用意する必要がないため、低コストかつ短納期を実現、加えて、短期利用を可能としました。デスクトップ環境は、Windows 8.1のように利用できるWindows Server® 2012 R2上で提供され、提供価格は、1ユーザーあたり月額4,000円(税別)~です。
 近年、多様なワークスタイルの実現や、事業継続性の強化、業務の生産性の向上などを目的に、仮想デスクトップ利用の導入のニーズが高まっています。また、2014年4月のWindows XPや2015年7月のWindows Server 2003のサポート終了に伴うIT基盤環境のリプレースのタイミングや、クライアント環境の見直しなどが後押しとなり、仮想デスクトップの導入やマルチデバイスの活用を検討する動きが加速しています。しかしながら、企業におけるITコストの見直しにより、コストパフォーマンスの高いサービスが求められる一方で、ある程度のシステム利用規模になると、個別要件や他のシステムとの連動が必須となり、従来型のリモートデスクトップシステムをシェアするタイプのサービスでは限界がありました。このような課題に対して、ビットアイルは、Active Directory連携やカスタマイズが可能なシステム提供タイプを標準で提供し、柔軟性の高いデスクトップサービスを提供致します。
 なお、ビットアイルは、既にWindows Server環境向けのクラウドサービス「ビットアイルクラウド プラットフォームサーバWシリーズ」(以下、Wシリーズ)(※2)において、Windows Azureとのハイブリッドクラウドサービスを提供しており、「ビットアイルデスクトップサービス on Azure」を利用するユーザーは、サーバサイドにおいても、WシリーズやWindows Azure、その他ビットアイルが提供するデータセンターサービスやクラウドサービスを活用したハイブリットクラウド利用も可能です。ビットアイルは、今後も企業システム全体のクラウド活用をサポート致します。
【ビットアイルデスクトップサービス on Azureの特長】
■Windows Azureの仮想ネットワークを使ったセキュアなVPN、スマートフォンやタブレット端末等のモバイルデバイスを含めたマルチデバイスの対応を低価格・短納期で実現
■国内リージョン対応のWindows Azureを仮想化基盤として採用したことで、日本国内ユーザーは、ネットワークの遅延を気にすることなくサービスを利用することが可能
■Windows Azureとビットアイルのデータセンターサービスやクラウドサービスとのハイブリットクラウド利用が可能
■低コストで利用可能なDaaS(Desktop as a Service)型と、カスタマイズに対応可能なシステム提供型のメニューを用意
【ビットアイルデスクトップサービス on Azureサービス概要】

20150120143006-8b0874581aea93feec2e5a90f10cc33811ec69dc.jpg
【サービス概要図】

20150120143032-a5844a294360c5d5c0495371e489a10e08545718.jpg
ビットアイル主催セミナー

セミナー名:ついに日本DC稼働!プロに学ぶWindows Azure徹底活用法
開催日  :2014年4月30日(水)
場所    :日本マイクロソフト 本社



日本マイクロソフト様からのエンドースメント

 日本マイクロソフトは、この度のビットアイル様における「ビットアイルデスクトップサービス on Azure」 の提供を心より歓迎いたします。同社との従来のHyper-V をベースとしたプライベートクラウド領域での協業に加えて、同社の構築・運用ノウハウをベースにお客様が安心して導入いただけるリモートデスクトップサービスをWindows Azure上より提供いただけると確信しております。これにより、お客様はセキュリティに配慮したデスクトップサービスを活用し、多様なワークスタイルに対応するデスクトップ環境をあらゆるデバイスからご利用いただけると考えています。Windows Azure 日本データセンターの開設に伴い、同社とのより深い協業関係を構築し、お客様のニーズにあった最適なクラウドサービスを提供してまいります。
日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員 マーケティング&オペレーションズ サーバープラットフォームビジネス本部長
佐藤 久
(※1)ビットアイルデスクトップサービス on Azure
   「ビットアイルデスクトップサービス on Azure」の詳細については、以下のURLを参照ください。
(※2)ビットアイルクラウド プラットフォームサーバWシリーズ
   「ビットアイルクラウド プラットフォームサーバWシリーズ」の詳細については、以下のURLを参照ください。
   http://cloud.bit-isle.jp/service/platform/w-series.html
以上
【株式会社ビットアイル】
会社名 株式会社ビットアイル(東証一部 証券コード:3811)(英文表記:Bit-isle Inc.)
所在地 東京都品川区東品川2-5-5
代表者 代表取締役社長兼CEO 寺田 航平
URL http://www.bit-isle.co.jp/
事業内容> ■データセンターサービス ■クラウドサービス ■運用サービス ■システムインテグレーション
<本リリースに関するお問合せ先>
広報担当
TEL: 03-5782-8725
e-mail: pr@bit-isle.co.jp

<サービスに関するお問合せ先>
マーケティング本部 プロダクトマーケティング部
TEL: 03-5782-8725
e-mail: sales@bit-isle.co.jp
※Microsoft, Windows, Windows Azure, Windows Server, Hyper-V, Internet Explorer は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。
※Adobe,Adobe Reader,Flashは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。
※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※本リリースは、PDFをダウンロードしてご覧いただくことも可能です。