menu

業界における取り組み

社会インフラとして

ビットアイルは、データセンターの社会インフラとしての重要性が高まっていることを鑑み、健全な成長を遂げられるよう、個別企業としてだけでなく、データセンター業界団体に積極的に参加し、様々な分野での活動を行っています。

日本データセンター協会(JDCC)

JDCCは、データセンター事業者およびデータセンター事業関連の事業者との連携と協力を促し、データセンター事業に対する社会的要請に応え、日本産業発展の情報基盤としてのデータセンター事業の強化・発展に寄与するための業界団体です。

政府・自治体による環境規制(例:東京都環境確保条例)への業界として対応、東日本大震災およびその後の電力問題に対する対応、データセンター利用者への適正な情報提供を行うためのデータセンターファシリティ基準策定等、社会インフラとしてのデータセンターの健全な発展に貢献する様々な活動を行なっています  ビットアイルは、データセンターをめぐる電力需給問題や人材育成の課題、東京都環境確保条例への提言の分野において積極的に活動しています。

コミュニティへの参画

IT活用が進化するにつれ、データセンターが担うべき役割と求められる技術が高度化しています。データセンターの利用企業に対して、より高度で使いやすいサービスを提供するため、最新技術の習得や新しいサービスの提供を実現するために、ビットアイル総合研究所(ビットアイル総研)を設立し、次世代データセンターサービスの研究開発に取り組んでいます。ビットアイル総研を中心に、最新の技術へのキャッチアップや技術者の交流を通じたITやインターネット普及・拡大への貢献を目的として、各種技術コミュニティに積極参加しています。

加盟団体・コミュニティ