ハイブリットクラウドとは

ハイブリッドクラウドとは

ハイブリッドクラウドとは、パブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミスなど自社に適した利用形態やサービス提供事業者を選択し組み合わせ、セキュアかつ柔軟なインフラ環境を最適なコストで構築・運用する考え方です。

ハイブリッドクラウドが生まれた背景

AWS(Amazon Web Services)に代表されるパブリッククラウドなどのクラウドサービスは、「クラウドファースト」という言葉を生み出すほど、その利便性やコストパフォーマンスの高さから様々な企業で活用されるようになってきました。また、金融系のようなセキュリティに厳しい業態にもクラウドサービスは普及してきています。

ただ、全てのシステムやデータをクラウド化できるわけではありません。個人情報や基幹システムのデータのように厳重管理が必要な情報は、単純なクラウド化は難しいでしょう。一方で、キャンペーンサイトのように瞬間的に大量トラフィックを処理しなければならない場合、従量課金であるクラウドのほうが向いています。一時的なトラフィック増加(ワークロードのピーク)に合わせたインフラ投資は、費用対効果が見合わないからです。

このように、企業は利用状況によってコストコントロールがしやすいクラウドでの稼働に向くシステム、セキュリティ要件の高い情報や今すぐクラウド化できないシステムの、双方を同時に管理し、コストを最適化する必要が出てきています。そこで登場したのが「ハイブリッドクラウド」という考え方です。システムの目的や扱うデータの性質などによって、クラウドサービス事業者やデータセンター事業者のサービスをどのように選択し組み合わせれば、最適なインフラ環境を構築できるのかが注目されています。

ハイブリッドクラウドとは

ハイブリッドクラウドの形態とは

どのような環境を「ハイブリッドクラウド」と呼ぶのか、ハイブリッドクラウドの形態には大きく2つあります。

1つ目は、「所有と利用」「共用と専用」「従量課金と定額」など「利用形態」の異なるものの組み合わせによるハイブリッドクラウドです。
例えば自社でサーバ等を購入、データセンターに持込んで運用管理するコロケーションサービスとデータセンター事業者が提供するクラウドサービスの組み合わせです。システムの安定性や可用性を高めながらも、TCO(Total Cost of Ownership)を削減することが可能です。また、同一ネットワーク上での管理となるため、運用効率も向上します。

■参考事例:辻・本郷税理士法人様

参考事例:辻・本郷税理士法人様

2つ目は、「サービス提供事業者」の組み合わせによるハイブリッドクラウドです。
AWSやMicrosoft Azureをはじめとしたパブリッククラウドベンダーやその他SaaS系のクラウドベンダー、さらにはデータセンター事業者など、サービス提供事業者が異なるサービスを組み合わせた環境もハイブリッドクラウドと言えます。例として、AWSで大量のトラフィックを処理しつつ、高速かつ安定的な処理が必要とされるサーバはオンプレミス(デ―タセンター事業者)で運用管理するハイブリッド環境が挙げられます。

■参考事例:ソネット・メディア・ネットワークス株式会社様

参考事例:ソネット・メディア・ネットワークス株式会社様

ハイブリッドクラウドのメリットとは

では、ハイブリッドクラウドのメリットは具体的にどこにあるのでしょうか。以下3つが挙げられます。

1.セキュリティ

セキュリティポリシーが厳しく、Amazon VPC(Virtual Private Cloud)のように仮想環境で担保されたセキュリティではなく、物理的なサーバ専有や専用線接続が必要なケースも多く存在します。その場合も『ハブ』となる中間システムを構築することによって、セキュリティ要件をクリアしつつ、パブリッククラウドとの連携が実現できます。

2.コストコントロール(+パフォーマンス向上)

ある業務システムをクラウド化した場合、複数拠点からのアクセスは便利な反面、コストが割高になってしまう可能性もはらんでいます。複数拠点からのアクセスを一本化して専用線からの接続にまとめることによって、ネットワーク転送コストを下げるなどのコントロールが可能です。また、現状は大量データの高速・安定処理は、コスト的にもパフォーマンス的にもメリットがあるのはオンプレミス環境です。ハイブリッドクラウドであればそのメリットを活かした設計が可能となります。

3.ソフトウェアライセンス等の資産管理

すでに保有しているソフトウェアライセンスは、クラウドへ移行が出来ないケースが多いでしょう。また、クラウドでは提供されていないソフトウェアとの連携などが実現できる点もハイブリッド環境のメリットです。

ソフトウェアライセンス等の資産管理

ハイブリッドクラウドを構築、運用する際のポイントとは

続けて、ハイブリッドクラウドを設計・構築し、運用していく際のポイントを整理します。

まずは、システムやデータの「特性」を正しく理解することが必要です。全てをただクラウド化することは、コスト増加、パフォーマンス悪化などデメリットを引き起こす可能性が高いでしょう。クラウド化の是非をシステムやデータの特性を理解して、判断することが最も重要なポイントです。

合わせて、統合管理ツールを活用した「運用コスト低減」もポイントになります。環境が分かれることで運用負荷上昇を心配する声もありますが、近年は複数環境を統合して管理できる「SCALR」のようなツールやサービスも整ってきています。異なる環境を同じ管理画面からマネジメントすることで運用業務を効率化できます。

また、事業者側の「サポート体制」も考慮しておきたいところです。例えば、スパイクアクセス対応で課題を抱える企業の場合、自社内での対応には限界があるでしょう。経験豊富で充実したサポート体制をもつ事業者にインフラ環境を構築・運用してもらうことで、自社はコア業務に集中できる環境を作り出すことが可能です。

ビットアイルが構築するハイブリッドクラウドの強みとは

最後に、ハイブリッド環境を構築できる数ある事業者の中で、ビットアイルが誇る強みのうち、代表的なものを3つに集約してご紹介します。

①独立性

独立系データセンター業者として、AWSやMicrosoft Azureなどのパブリッククラウドとの連携実績、ネットワークキャリアも不問であることでお客様の様々な要望に応えやすいことが挙げられます。

②サービス(技術)力

様々なハイブリッド環境を構築できるスペシャリストを揃えている点も大きいでしょう。SaaSプラットフォームをもつ「アクセルビット」やシステム監視・運用管理の「サイトロック」など、グループ会社のソリューションを組み合わせて、あらゆるハイブリッドクラウドニーズへの対応が可能です。

③柔軟性

上記、独立性やサービス(技術)力を活かして、お客様からの難易度の高い要望にも積極的にトライする「柔軟性」も、多くのお客様に評価をいただいているポイントです。別の事業者では実現が難しかった要件でも、実現できる方法を模索し、構築してきた実績も大きな強みとなっています。

ハイブリッドクラウドのこれから

ビックデータ活用、よりOne to Oneに近づくデジタルマーケティングへの注目といった市場動向もあり、増加するデータ処理量への対応と個人情報等のセキュアな管理を両立させることは、多くの企業の課題となることは必至です。その解決策を提示する「ハイブリッドクラウド」が今後のスタンダードとなり、いち早く対応できた企業だけが厳しい競争を勝ち抜くための「基盤」を築くことになるのではないでしょうか。

この記事を読んだ方にオススメのコラム

クラウドと物理。どちらを選ぶべきか?
クラウドサービスと物理環境を「柔軟性」「パフォーマンス」「コスト」「セキュリティ/可用性」の4つの観点から比較し、それぞれの特徴と向き不向きを明らかにします。

コラム 一覧
ITインフラに関する、トレンド情報やお客様が抱えている課題などを、ビットアイル・エクイニクス独自の視点で解説する、各種コラムを掲載中です。

ハイブリッドクラウドの導入事例

導入事例 シルバーエッグ・テクノロジー株式会社
ECサイトのレコメンド機能やレコメンド広告をサービスを提供されているシルバーエッグ・テクノロジー様は、物理環境とAWSとのハイブリッド利用により、お客様サイトのアクセス増大などに対応できるよう拡張性を実現されています。

その他のハイブリッドクラウド導入事例一覧
このページ内で紹介した「辻・本郷税理士法人様」「ソネット・メディア・ネットワークス株式会社様」「ハッチ株式会社様」の他にもハイブリッドクラウドの事例を掲載しています。