株式会社エル・エム・エス様

導入事例 株式会社エル・エム・エス様

ハウジングとクラウドを連携したハイブリッドクラウド環境を構築
事業継続の強化とともに運用負荷の軽減を実現

株式会社エル・エム・エスは、理化学機器・消耗品を全国展開する総合商社だ。同社では2011年の東日本大震災を機に、BCP(事業継続計画)を強化することを決定。従来、自社のサーバ室に設置していたITシステムを、ビットアイルのコロケーションサービスと「ビットアイルクラウド Vシリーズ」が連携するハイブリッドクラウド環境へ移設し、BCPを大幅に強化するとともに、運用面での工数削減を実現した。

株式会社エル・エム・エス様
(左から)中沢 尚之氏、松島 寛治氏

導入のポイント

導入のポイント

導入イメージ

従来のシステムは自社内のサーバ室に設置され、VPN網を利用して全国の営業所とネットワークを構築していた。今回、ビットアイルのコロケーションサービスと「ビットアイルクラウド Vシリーズ」を導入し、基幹のDBサーバとAPサーバをハウジング側に設置。Vシリーズにグループウェアサーバなどの社内ネットワークサーバとWebシステムサーバを構築し、L3スイッチで構内接続している。

導入イメージ

基幹系DBサーバとWebサーバの連携をハウジングとクラウドのハイブリット環境で実現

震災を機にBCPの強化を検討、ITのアウトソースを決定

理化学実験機器・消耗品の全国展開を行う総合商社のエル・エム・エスは、2011年の東日本大震災を機にBCP強化に向け動き出した。当時の同社は、東京都内にある本社内にサーバ室を設け、ITシステムの運用を行っていた。加えて、日本全国に11か所ある営業所とネットワークを構築し、事業を展開していた。震災では、アナログ通信のEDIがストップし、沼津にある営業所が計画停電の輪番にあたるなど、少なからず影響を受けた。

「震災で本社のITシステムが停止することはありませんでしたが、やはりBCPを強化していかなければならないと感じました。当時はUPSの設置やデータのバックアップなどを行っていたものの、建物の崩壊や長期にわたる停電が発生すればシステムは停止し、会社の事業活動がストップしてしまいます。そこで、足りない対策を洗い出し、実施していこうと考えました」と話す中沢氏。

対策として挙がったのが、システムのアウトソースだ。ホスティングとデータセンターの両方を検討した結果、8台のサーバで稼働するシステムを安全性の高いデータセンターに移設することが、もっとも効果があり、現実的な施策であるという結論に達した。

松島氏は、「電源の二重化や耐震、免震設計などといった基本的なBCP対策がなされていること、1/2や1/4などの1ラックより小さなスペースの選択肢があるか、緊急時に徒歩でも到達できる場所にあるかなど、要件を決め、データセンターを探しました」と話す。

新サービスのリリースで、ハウジングとクラウドとの接続が必須要件に

データセンターを検討する中で、ハウジングとクラウドのハイブリッド接続という要件が追加される。顧客向けに、商品検索や在庫照会のできるWebサービス(現サービス名称「HARMONY WEB」)を開発することになり、基幹系のDBサーバとWebサービスを稼働させるWebサーバとの連携が必要となったためだ。

数社のデータセンターを比較、検討した結果、採用したのが、ビットアイルのコロケーションサービスと「ビットアイルクラウド Vシリーズ」の連携によるハイブリッドクラウド構成だ。

松島氏は、「ビットアイルのサービスは、ハウジングにハーフラック契約があり、クラウドサービスとハウジングの相互接続もできます。また、当社から物理的距離が近いということも採用の理由のひとつです。他社のサービスはハイブリッドクラウドに対応できないか、できても接続費用が高額というケースが多かったのですが、ビットアイルの提案はハイブリッド接続が容易にできるということに加え、コストパフォーマンスも優れていました」と語る。検討時にビットアイルのデータセンターを見学した中沢氏は、「これだけの施設、設備であれば、BCP対策として大丈夫だと感じました」と話す。

本社内のサーバ室から、基幹のDBサーバとAPサーバをハウジングに移設。グループウェアサーバーなどの社内ネットワークサーバとWebシステムサーバを「ビットアイルクラウド Vシリーズ」に構築し、L3スイッチで構内接続するというハイブリッドクラウド環境を実現した。

運用面と事業継続面の双方に大きなメリット

データセンターへのサーバ移設、「ビットアイルクラウド Vシリーズ」でのクラウド環境構築と、システムの移行はスムーズに完了した。松島氏は、「仮想化サーバ及びデータセンターへの初めての移行、移設作業という点で不安もありましたが、ビットアイルは大変丁寧に対応や提案を行ってくれました」と話す。

ハイブリッドクラウド構成で構築したシステムが稼働して2年以上が経過しているが、これまでほとんどトラブルもなく、順調に稼働している。ビットアイルのハイブリッドクラウドに移行したメリットを松島氏は、「災害や障害によるシステム停止のリスクを回避できることに加え、サーバやネットワーク機器の状況を24時間監視してもらうことができます。つまり、事業継続だけでなく、運用負荷の軽減という面でも大きなメリットを感じています」と話す。今回、構内接続を行うためのL3スイッチはレンタルサービスとマネージドサービスを利用している。機器に不具合があった場合の代替機の用意から保守対応、障害時の復旧作業などの運用をビットアイルに集約することで、運用負荷の大幅な軽減を実現している。

最後に中沢氏は、「これからの取組としては、事業拡大に合わせた人事等管理本部系のシステム改善にも注力していきたいと考えています。また、不正接続防止など、セキュリティやIT資産管理の強化にも取り組んでいきます」と語った。ビットアイルでは今後もエル・エム・エスのビジネスプラットフォームの構築を積極的に支援していく。

ビットアイルのデータセンターについて

ビットアイルのデータセンターは、耐災害性に優れた立地と設備を完備した都市型データセンターである。24時間×365日の運用体制で、お客様システムを運用監視。コロケーションサービス、ビットアイルクラウドサービス、お客様拠点、他社クラウドを組み合わせた、ハイブリッドクラウド環境の設計、構築、運用をトータルにサポートする。

ビットアイルのデータセンターについて

ビットアイルクラウド Vシリーズについて

VMwareベースのお客様専用プライベートクラウド環境を月額価格で提供。主要な構成機器をすべて冗長化。専用環境でありながら、個別構築ではコスト的に実現困難な完全冗長構成のエンタープライズクラスインフラを提供する。

ビットアイルクラウド Vシリーズについて

導入サービス